スポンサーリンク
電報サービス VERY CARD
スポンサーリンク
生活雑貨

Excel、C#を使い、指数関数的減衰を、最大値が3程度になるように調整した計算式

C#

Excel、C#を使い、特定の値が小さくなるほど、指数関数的に結果が大きくなる計算式 を元に、最大値が3程度になるように計算式を調整してみた。

一番左の「1」と、2つの「7」の値を変更する事で、指数関数的減衰は維持したまま、最大値を変えることができる。

変更した結果、どういう値になるかは、Excelで実際に計算してみると、分かりやすい。

 

【計算式】

y = 1 + (7 * LOG(x + 1) – 7 * LOG(x)) 

 

【Excel関数だと】

=1+(7*LOG(セル+1)-7*LOG(セル))

 

【C#だと】

public static double Get指数関数的減衰_最大値3程度(double x)
{
   return 1 + (7 * System.Math.Log10(x + 1) – 7 * System.Math.Log10(x));

 

以下のようなグラフの値を求めたい時に使える。

T指数関数的減衰_最大値3程度

コメント

スポンサーリンク
ダイレクトテレショップ
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」
タイトルとURLをコピーしました