スポンサーリンク
ZUTTO
スポンサーリンク
au PAY マーケット

タバコの毒性とリスク

お勧めの一冊

ごみ問題の総合的理解のためにを読んでいたのですが、化学物質が人の平均寿命をどれだけ縮めているか(損失余命)、表にして紹介されていたのですが、喫煙が圧倒的に、人の寿命を縮めていることがよく解ります。

喫煙(全死因)数年~数十年
喫煙(肺ガン)370日
ディーゼル粒子14日
受動喫煙(肺ガン)12日
ラドン9.9日
ホルムアルデヒド4.1日
ダイオキシン類1.3日
カドミウム0.87日
ヒ素0.62日
トルエン0.31日
ベンゼン1.6日
DDT0.016日
交通事故(男)129.6日
交通事故(女)57.6日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この表はとても面白いです。

交通事故でさえ、平均寿命を1年も縮めていないのに、喫煙は数年~数十年縮めています。

ダイオキシンはかなり騒がれましたが1.3日、それよりも建材に使われているホルムアルデヒドの方が、4倍も平均寿命を縮めているのに、シックハウス症候群の原因物質くらいにしか報道されていません。

また、ダイオキシンを一般市民の100~1000倍暴露された集団であっても、発ガンは暴露から最低20年後であり、ガン死亡のリスクは対象群の1.4倍に過ぎない。これは、1日1本のタバコのリスクと同じである。

とも書かれていました。逆に言えば、1日に10本のタバコを吸っている人は、吸わない人に比べて、ダイオキシンを10000倍摂取しているのと同義だということです。タバコはヤバ過ぎです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました