スポンサーリンク
H2Oスチームユニオン
スポンサーリンク
au PAY マーケット

プロフェッショナルかどうかは、「顧客に対して責任を負う」かどうかだ

お勧めの記事

大前流 プロフェッショナル論というITproに掲載されていた記事が、とても面白かったです。

記事を読んだ限りだと、大前氏のプロフェッショナルとは、『プロフェッショナルかどうかは、「顧客に対して責任を負う」かどうかだ』という言葉に尽きるようです。

長文なので、個人的に重要だと思ったところを抜粋してみました。

 

 「プロフェッショナル」という言葉が氾濫しているが、プロフェッショナルの定義は何だろうか。プロフェッショナルとそれ以外の人を分ける決定的な違いは、顧客第一を貫けるかどうかだ。すなわちプロフェッショナルとは、顧客に対して責任を持つ人である。ところが、世にある定義の大半は、最重要の顧客を忘れ、知識や技能の優劣ばかりを論じている。  「自分にとっての答えを自分で見つけた個人が飛躍できる」。今という時代は、誰もが手中にできるそんなチャンスが転がっている。だから日本のITエンジニアも頑張ってほしい。正しい質問をし、そして自分で答えを見つけるためのアプローチを考える。このような習慣を身に付けるのだ。

 偏差値世代の人々は、学校や予備校から「お前の偏差値はこの程度。だから適当な学校はここだ」と小さい頃から言われ続けてきた。そして知らぬ間に、「自分はその程度の人間」と潜在意識に間違った評価を植えつけてしまっている。まったくもったいない話だ。

「インターネットの情報は信頼できない」とか、「Googleが考える力を奪う」と主張する向きがある。だが私はこれには同意できない。検索キーワードの組み合わせを工夫することで、知りたいことをどんどん深掘りできるからだ。

 Googleの効果的な使い方を知った人は、相当なことまで調べられ、しかも頭が良くなるはずだ。Googleを使う際、「何を知りたいのか」と問いを立て、「どのキーワードを使えば正しい答えが返ってくるか」と考えるからだ。正しい質問を考えられる頭を鍛えるために、格好の訓練と言える。

 多くの経営者は、自分はなぜ悩んでいるのか、何について悩んでいるのか、そもそも会社をどうしたいのか、を明確に定義できていない。自問自答をしていないからだ。

 悩みは心身の健康に良くない。悩むことに何の生産性もない。悩んで問題が解決することなどない。問題解決の手法を学び、悩みに正面から取り組む習慣を付けると悩みがなくなる。毎日熟睡でき、心身の健康が保たれる。するとますます悩みがなくなる。

 「対策がない問題もあるだろう」と言う読者がおられると思う。その通りだが、それなら誰も対策を打てないわけで、なおさら悩んでいても仕方がない。「地球に巨大隕石が降りかかってきたらどうしよう」などという問題は、悩んでも仕方がない。その時が来ても悔いなく死ねるよう、普段から心掛けておくだけだろう。

 社会に出たら答えのない世界が待っている。実際、企業が遭遇する問題のほとんどには答えがない。社会に出たら答えのない世界しか待ってないのに、学校では答えを覚え込む訓練だけをする。日本の教育が世界に通用する人材を養成できなくなって久しいが、その最大の理由は、学校が世間の現実と事ほど左様に乖離(かいり)してしまったからである。

 世の事象の大半には答えがない。だから、その場その場で勇気を振り絞って考えるしか道はない。「この世界でこの問題に答えを出せるのは自分自身しかいない」。このようなメンタリティになれるかどうかが、自分の創造性を発揮し、プロフェッショナルとなるための最も重要な条件だ。

 プロフェッショナルは、創造性を発揮できる人である。どうすれば創造性が増すだろうか。問題がぼやけている段階では創造の力は出てこない。解決すべき問題を特定し、取り組むべき物事のスコープを狭めることが、自分の創造性を引き出すための重要なポイントだ。

 

エスタブリッシュメントに対して遠慮せずに、物事の本質を論説する大前研一氏は、自分にとってのビジョナリーです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました