スポンサーリンク

Swaggerの Web画面に表示されるバージョンを変える

SwaggerWeb API

ASPNET Core Web API プロジェクトで、「OpenAPI サポートを有効にする」にチェックがある状態で作成したプロジェクトには、デフォルトで含まれている Swaggerの、Web画面に バージョンを表示する、サンプルを作りしました。
ソースコードはGitHubで公開しています。

ソースコード構成

ASPNET Core Web API テンプレートから、変更を加えたソースファイル。

ソースコード変更内容を解説

/WebApplication1.csproj

パッケージ バージョンに任意の値を入力。

/Program.cs

SwaggerDocに渡す OpenApiInfoの Versionに、パッケージ バージョンの値を渡し、Swaggerの Webページに パッケージ バージョンを表示する。

Visual Studio プロジェクト

今回使った Visual Studio 2022 プロジェクト テンプレートは、ASPNET Core Web API の HTTPS用の構成 無しです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました