スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」

SQL Server 2008 R2 SP2 Cumulative update #7 は危険、CU#8がお勧め

SQL Server 2008

SQL Server 2008 R2 SP2 Cumulative update #7 を開発環境にインストールし、特に問題は見つからなかったので、本番環境にインストールしたら、高負荷なジョブが実行された際、ACCESS_METHODS_DATASET_PARENTというエラーが、SQLServerのエラーログに大量に出力され、SQLServer全体がwait状態になり、軽いSQLも全然結果が返って来ない現象が発生しました。

【エラーログ抜粋】

2013-10-11 00:53:26.24 spid75      Timeout occurred while waiting for latch: class 'ACCESS_METHODS_DATASET_PARENT', id 0000001A0F5483E8, type 4, Task 0x0000000000834BC8 : 9, waittime 300, flags 0x1a, owning task 0x0000000013D07048. Continuing to wait.

 

このエラーは、SQL Server 2008 R2 SP2 Cumulative update #8 をインストールする事で解消されます。CU8 はCU5以前に比べて、SQLServer全体の処理コストが10%程度下がるので、お勧めです。

SQL Server 2008 R2 SP2 Cumulative update #8 のダウンロード先はこちら

Service Unavailable
http://blogs.msdn.com/b/sqlreleaseservices/archive/2013/08/24/sql-server-2008-r2-sp2-cumulative-update-8.aspx

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」
タイトルとURLをコピーしました