スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
スポンサーリンク
AOKI公式通販

Oracle RAC 構築 その3 ~ Oracle Linux OSインストール

Oracle RAC

1、Oracle RACのノードにどのOSのどのバージョンを使うか検討

※Oracle Database を構築し易いOracleLinuxで、Oracle12cで追加されたコンテナDBをRAC上に構築したいのを、要件としました。

コンテナDBを作成可能なのは12.1.0.1以降。
12.1.0.1以降でOracleDatabaseが安定稼動しているバージョンは12.1.0.2のみ。
12.1.0.2を構築可能なOSはOracleLinux7.2以降。

1

2、OracleLinuxダウンロード

OracleLinux7.2以降で、最新1つ手前の7.4を今回は使う。
DLP版、REL版と2つあるが、DLP版で問題ない。

2

3

4

5

以降、「Oracle Linux 7.4 + Oracle Database 12.1.0.2」の組み合わせでRAC環境構築を試みる。

3、OSインストール

OracleLinuxインストール済み過去のVMディスクを流用すると、OracleLinuxのamandaインストーラが起動しなかったので、VMwareイメージを新規作成するところから。

※過去のVMディスクを流用すると、Linuxのamandaインストーラが起動しない事があるので、毎回、新規インストールが望ましい。

6

ソフトウェアの選択で、「GUI使用 + FTPサーバー」を選択。

7

ROOTにパスワードを設定し、インストールが終わるのを待つ。

8

OS再起動。

OS再起動後、ライセンスに同意。
ネットワーク設定はホスト名を変えてオンにするのみ。

10

4、ユーザーアカウント毎の初期設定

11

5、ソフトウェアを更新

12

13

ソフトウェアを更新した結果、結局、OSは最新の7.5に。

14

以降、「Oracle Linux 7.5 + Oracle Database 12.1.0.2」の組み合わせでRAC環境構築を試みる。

【Oracle RAC 環境を構築する手順一覧】

Oracle RAC 構築 Top
Oracle RAC 構築 その1 ~ VMware構築手順
Oracle RAC 構築 その2 ~ SANディスク構築
Oracle RAC 構築 その3 ~ Oracle Linux OSインストール
Oracle RAC 構築 その4 ~ VMwareゲストOS クローン作成
Oracle RAC 構築 その5 ~ ゲストOSのネットワーク設定
Oracle RAC 構築 その6 ~ Oracle Grid Infrastructure インストール前準備
Oracle RAC 構築 その7 ~ Oracle Grid Infrastructure インストール
Oracle RAC 構築 その8 ~ Oracle Grid Infrastructure 起動確認
Oracle RAC 構築 その9 ~ Oracle Database インストール
Oracle RAC 構築 その10 ~ DBインスタンス作成
Oracle RAC 構築 その11 ~ DB動作確認
Oracle RAC 構築 その12 ~ 起動・再起動・停止

【参考】

DLP vs REL
New to Oracle Linux. Trying to download from the delivery cloud. I saw there were download labeled as DLP  and also REL. What is the difference?

コメント

スポンサーリンク
ヒラギノフォント
スポンサーリンク
楽天トラベル
タイトルとURLをコピーしました