スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ 体験版
スポンサーリンク

DataGridView メモ

VB.NET

1、任意行の色を変える。

  DataGridView1.Rows(0).DefaultCellStyle.BackColor = Color.AliceBlue

 

2、任意列の色を変える。

   DataGridView1.Columns(0).DefaultCellStyle.BackColor = Color.AliceBlue

 

3、1行分の高さ。

 intHeight = DataGridView1.RowTemplate.Height

 

4、列を指定して、読み取り専用にする。

 DataGridView1.Columns(1).ReadOnly = True

 

5、列名から列Noを取得する。

 DataGridView1.Columns("列名").Index

 

6、列数・行数を設定する。

        dgvHistory.ColumnCount = 1

        dgvHistory.RowCount = 1

 

6、選択列を削除
       DataGridView1.Columns.RemoveAt(DataGridView1.SelectedCells(0).ColumnIndex)

 

7、行数分ループ
       For intCnt As Integer = 0 To DataGridView1.Rows.Count – 1 Step 1
       Next

8、選択行数分ループ
       For intCnt As Integer = 0 To DataGridView1.SelectedRows.Count – 1 Step 1
       Next

9、指定した行を選択状態にする。
       DataGridView1.Rows( n ).Selected = True

10、グリッド内のセルを、Form表示時にデフォルト選択する場合は、Shownメソッド内に
  選択処理を記述する。

11、グリッドのDataSourceにテーブルを紐付けた後に、特定の列を
  DataGridViewCheckBoxColumnにする。

        cls.F_GetMst(tbl)
        dgv.DataSource = tbl

        Dim column As New DataGridViewCheckBoxColumn()
        column.DataPropertyName = cls.strFieldName1
        dgv.Columns.Insert(dgv.Columns(cls.strFieldName1).Index, column)
        dgv.Columns.Remove(cls.strFieldName1)
        column.Name = cls.strFieldName1

12、グリッドの自動列サイズ調整をOFFにする
        dgv.AutoSizeColumnsMode = DataGridViewAutoSizeColumnsMode.None

13、指定列・選択行の値を取得する。
        CStr(dgv(dgv.Columns("列名").Index, dgv.SelectedRows.Item(0).Index).Value())

14、指定列・選択行のボタンテキストを変更する。
        Dim column As New DataGridViewButtonCell()
        column.UseColumnTextForButtonValue = False
        column.Value = "不採用"
        DataGridView1("列名", 行数) = column

15、 データ行を全て削除
        dgv.Rows.Clear()

16、 余分な最後の行を非表示にする。
        dgvDF.AllowUserToAddRows = False

コメント

スポンサーリンク
Adorage
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました