スポンサーリンク
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
スポンサーリンク
ROXY

Asp.Net Core ベースのWebシステム(VPS)

.NET Core
インターネットに公開できるレベルの堅牢なWEBサーバを、Asp.Net Coreベースで構築した。
インフラ回りのポイントを纏めたので、Asp.Net Coreを使う人には、是非、参考にしてほしい。
ポイント
OSにはCentOSを採用。
Linux系OSで、無料でもEnterpriseシステムで通用するOSはCentOSくらい。
Asp.Net Core は Windowsでも実行可能だが、インターネットに公開するWebサーバに、Windows OS を採用することは無い。
Linux系OSを最小構成(coreのみ)でインストールするのが望ましい。
Webサーバーには Asp.Net Core を採用。
PHP系、NodeJS系、Java系よりも高速に動作し、統合開発環境の使い勝手も良く生産性が高い。
ASP.NET Core は .NET Core の一機能。
リバースプロキシサーバーにはNginxを採用。
ApacheよりもNginxの方が高速に動作する。
SSL証明書の認証局には Let’s Encrypt を採用。
無料な上に、証明書の更新をバッチ実行できることで、証明書を更新する手間がかからない。
WAF(Web Application Firewall)には、SiteGuard Server Edition を採用。
サクラインターネットのサーバーホスティングサービスは無料で提供している。
Webアプリのメール送信にはSendGridを採用。
無料枠で1日100件程度のメール送信が可能。
データベースには SQLServer 2017 for Linux を採用。
SQLServerのテーブル圧縮機能は、CPU負荷が2%~3%程度上がるのみで、スループットを低下させずに、データファイルのサイズを10分の1まで圧縮できる。これによって少ないSSDで運用可能になる。
MySQLのテーブル圧縮機能は、データファイルのサイズを2分の1までしか圧縮できなかった。
WebサーバのSSHポートとSQLServerポートは、ポート番号をデフォルト以外に変更し、イントラのIPからのみ接続可能にファイアウォールを設定し、更にイントラ側のIPを動的にすることで、セキュアにイントラ内のバッチ処理とVPSのWebサーバを連携できる。
1.png

コメント

スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」
タイトルとURLをコピーしました