スポンサーリンク
ベルメゾンネット
スポンサーリンク
ベルメゾンネット

本番環境へリリースする際の基本手順

開発方式

1、本番リリース前々日から前日にかけて、リリースのリハーサルを繰り返す。

 ・本番DBサーバーから最新DBダンプを取得し、ステージング(総合試験環境)へ展開。
 ・本番リリース担当者が、ステージング環境へのリリースと動作確認を繰り返し、習熟度を高める。
 ・リリースタイムテーブルを作成し、関係者へのアナウンスと承認を得る。
 ・リリース時のチェック項目を、一覧で作成する。

2、本番稼働中にバックアップ可能なものは、本番稼働中にリリース前の状態をバックアップしておく。

 ・本運用中のモジュールを、フォルダ毎バックアップフォルダへコピーする。
 ・バックアックしたフォルダには、年月日(YYYYMMDD)を付加しておきます。

3、本番稼働中に展開モジュールを準備する。

 バックアックしたフォルダを複製し、リリースモジュールで上書きする事で、リリース実施時には
 フォルダ入れ替えで済むようにしておく事で、リリース実施作業時間を短縮する。

4、本番環境の使用を禁止する。

 ・全クライアントPC
 ・サーバ

5、本番リリース直前のDBをバックアップする。 

 ・DBの最新ダンプを出力し、バックアップフォルダへコピー。
 ・ダンプファイルには、年月日時分(YYYYMMDDHHMM)を付加しておきます。

6、展開モジュールを本番リリース。

 ・全クライアントPCへ展開モジュールをリリース。
 ・DBサーバへ展開モジュールをリリース。
 ・WEBサーバへ展開モジュールをリリース。
  ・キャッシュファイルを全て削除。
 ・WEBサーバを再起動。 

7、リリース内容再確認。

 リリース時のチェック項目を元に、作業漏れが起きていないかチェックする。

8、リリース後、本番動作確認。

 ログイン、画面遷移レベルで、本番環境の動作確認。

9、本番環境が復帰した事を関係者へ周知。

 ・開発責任者と開発スタッフ

 ・業務責任者と業務スタッフ

10、本番環境を運用試験環境へ展開。

 本番リリース後、安定稼働が確認できたら、本番環境を運用試験環境へ展開する。
 必要であれば、総合試験環境、結合試験環境へも展開する。

 

コメント

スポンサーリンク
ウェブポ(年賀状総合サービス)
スポンサーリンク
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
タイトルとURLをコピーしました