スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
スポンサーリンク

オプティマル・ストレス と ストレス・マネジメント

心理学

セリエは「ストレスは人生のスパイスである」と述べ、ストレッサーがあまりにもない状態は、むしろ人の意欲を低下させ、感覚を鈍化させ、倦怠感を生じさせるとした。

あるいは、過剰なストレスの時と同様にイライラしたり、不安になったり、眠れなくなったりもする。

ストレスレベルと仕事の効率との間には曲線関係があり、ストレスは過少でも過剰でも仕事の効率は悪く、両者の中間にある、オプティマル・ストレス(optimal stress)の時が最も効率が良い。

オプティマル・ストレスの状態の時は、最も意欲的であり、注意力、分析力、記憶力が高くなり、爽快感にあふれ、心も身体も常に平静が保たれる。

Optimal_stress_4    

このことから、ストレスをネガティブなものとしてのみとらえず、むしろストレスとの調和を図り、マネジメントして行くことが重要だと分かる。

セリエはストレス・マネジメントを、「ストレスのメカニズムを学び、これに応じ人生の態度を調整することによって、ストレスに効率的に対処し、むしろストレスをエンジョイすることである。人生の出来事に対し、ディストレス(悪いストレス)をユーストレス(良いストレス)に変える姿勢をとることだ」と述べている。

コメント

スポンサーリンク
電報サービス VERY CARD
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました