スポンサーリンク
電報サービス VERY CARD
スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

WPF開発 備忘録

.NET CoreC#Visual Studio 2019WPF

Microsoft Docs

チュートリアル: 新しい WPF アプリを作成する (WPF .NET)

Visual Studio での新しいアプリの作成に関するチュートリアル – WPF .NET | Microsoft Docs

WinUI. The modern native UI platform of Windows.

WinUI (microsoft.github.io)

Github
https://github.com/microsoft/microsoft-ui-xaml

WPF コントロールの機能別一覧

Windows Presentation Foundation の概要 – WPF .NET | Microsoft Docs

ライブ ビジュアル ツリー

デバッグ中に、XAMLの階層構造を確認できる。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/get-started/csharp/tutorial-wpf?view=vs-2019#view-a-representation-of-the-ui-elements

「ドキュメント アウトライン」で良くない?  ライブ ビジュアル ツリー は要らない。

UIプロジェクト ソリューションフォルダ構成

プロジェクト直下のフォルダ

ControlWPFの制御系
Images画像ファイル系
ThemeStyle定義系
Viewウィンドウ/ユーザコントロール系
ViewModelViewModel系
CommandICommand系
Common共通モジュール系

プロジェクト直下のファイル

App.xaml起動処理/終了処理
appsettings.json環境設定ファイル

ソリューションフォルダ構成例

XAML

開発標準

個別の画面は、Windowとユーザコントロールに分け、ユーザコントロール内はCanvasで各コントロールを配置し、WIndowsはViewboxでストレッチする。
そうすると実行時に画面サイズに自動調整される。

Theme

[WPF] Windows 10に馴染むテーマを適用する
https://qiita.com/Kosen-amai/items/607b9ba3af9222aa7225

Style

BasedOn

独自スタイルの継承をできるし、

WPFコントロールのスタイルも継承できる。

DataTemplate

DataTemplateを使う時に覚えておきたい。親ViewのViewModelをRelativeSourceで直接バインディング
https://qiita.com/takanemu/items/249f120faad4c18b0672

※引用
WPFの画面遷移の基本は、ContentControlとDataTemplateの組み合わせによるViewの切り替えです。
非常に強力な機構なのですが、データ型(ViewModelクラスの種別)によって、Viewが切り替わるというルールなので、
DataTemplateが参照している(DataContextに格納されている)ViewModelは、データクラスとなります。

※重要
全UserControlのインスタンスをシングルトンで持たせ、表示/非表示することで画面遷移とする方式が基本だった。WPFを難しく捉え無駄に方式を難しくしている一例でしかなかった。

WPF Window,Page,UserControlの違い

C# WPF Window,Page,UserControlの違い – Qiita

MSが公開している、各コントロールのStyleを一部修正する形で、Styleソースコードを書いていけば、デザイナがしていしたデザインを実装するのは難しくない。

WPFのコンボックスを黒いデザインにするStyleコード (unikktle.com)

WPF各コントロールのStyleを変更する際の元となるStyleコード (unikktle.com)

<Grid>

Width
 auto:サイズを最小限に自動調整する。
 * :残りサイズを全て割り当てる。

<Page>の使い処

Window、UserControl以外の画面として存在しているPageの使い処は、ウィザード画面を作るのに有用っぽい。
http://gushwell.ldblog.jp/archives/52335648.html

ScrollViewer内のオブジェクトを、マウスドラッグで移動する

WPFで。iPhoneのように、マウスをドラッグしてScrollViewerでオブジェクトをスクロールするにはどうすればよいですか?
https://stackoverflow.com/questions/20680162/in-wpf-how-to-scroll-objects-in-scrollviewer-by-mouse-dragging-like-as-iphone/52154710

垂直ScrollViewerを非表示にする
https://stackoverflow.com/questions/6541734/make-vertical-scrollviewer-invisible/6541840

ScrollViewerのカーソルの位置取得。

コードビハインド

XAMLとコードビハインドの紐づけ

x:Class=”WindowsOverview.Window1″ で、マークアップに関連付けるコードビハインドを指定している。

WPF のウィンドウの概要 – WPF .NET | Microsoft Docs

マークアップと分離コード

Windows Presentation Foundation の概要 – WPF .NET | Microsoft Docs

マークアップ(XAML)と、分離コード(コードビハインド)だけでも、十分、開発効率が良く、保守性も高い。
WPF開発をMVVM化すると、開発スピードが 5分の1~10分の1 まで落ちる。
MVVMを採用し、テストコードの実装に大きな工数をさき、テスト自動化を図るのは、少人数短期開発には向いてない。

WEB開発は、HTMLとコードビハインドで実装を進めるので、その生産性の高さが良く分かる。
WEB開発では、コードビハインドを禁止し、HTMLとビジネスロジックをDIコンテナで結びつける、といった無謀なことはやったりしない。
「MVVMじゃないWPF開発は時代遅れ」という先入観が、もしあるのであれば、捨てた方が良い。

WPF開発プロジェクトの、MVVMの導入だけは、本当に、慎重に、時間をかけて検討しないと、工数が爆発してプロジェクトが破綻する。

またWPF自体はMVVMを使わず、今までのようにコードビハインドで書くこともできます。小さいアプリならむしろそれでいいと思います。
https://qiita.com/soi/items/5656d5baec25b7d84736

まずはコードビハインドで実装を進め、段階的にMVVM化することは難しくない。

MMCSVM開発モデル

WPFをMVVM開発モデルで開発しないなら、他にどの開発モデルがあるのか?

答えは、MMCSVM開発モデル(モデル+マークアップ+コードビハインド+シングルトンビューモデル)しかない。

Wndows Form のソースコードを移植する場合

コードビハインドとView Model部だけのソースコードを実装し、Wndows Form 向けだったビジネスロジックを改修すれば済む。
Wndows Form アプリを、WPFアプリに変更する場合、MMCSVM開発モデルではソースコード全体を改修する必要はない。

バインド

OneWayバインディング、TwoWay バインディング
データ バインディングの概要 – WPF .NET | Microsoft Docs

オーバーレイ

【.net】[c# WPF]オーバーレイでメッセージを表示する方法 | 水戸スヤのSE備忘録 (mitosuya.net)

トースト

Windowsで通知用アプリを作ろうとした時に悩んだ諸々 – Qiita

WPFのMVVM機能と誤認されている機能

ICommandとINotifyPropertyChanged
WPFでICommandとINotifyPropertyChangedを使う – メモの日々(2017-06-12) (xrea.com)

MVVM フレームワーク充のススメ【step: 2 .NET Core WPF MVVM 入門 2020】
MVVM フレームワーク充のススメ step: 2 | :: halation ghost :: (elf-mission.net)

MVVMフレームワーク

※重要
Prismを含め、幾つかのMVVMフレームワークの導入を検討、検証したが、いずれのMVVMフレームワークも、導入するに値しなかった。
WPFのMVVMフレームワークでは、Blazor Server のような開発効率の向上は全く図れない。

Prism

Microsoftが中心となって実装を進めた、WPFのMVVMフレームワーク。
 Prism Template Pack
 Prism Template Pack – Visual Studio Marketplace

WPFの学習になるYoutube動画

再生リスト

 

WPF開発 記事一覧

WPF

コメント

スポンサーリンク
ソースネクスト
スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
タイトルとURLをコピーしました