スポンサーリンク
キッカーボール
スポンサーリンク
TATRAS WOMEN | タトラス公式オンラインストア

WPF開発で失敗しないのはMMCSVM開発モデルのみ

.NET CoreC#Visual Studio 2019WPF開発方式

WPF開発方式で最も開発スピードが良いのはMMCSVM(モデル+マークアップ+コードビハインド+シングルトンビューモデル)開発モデル。

MVVM開発モデル に比べて5分の1の工数で実装が終わる。

WPF開発に失敗しているプロジェクトは、全てMVVMを採用し工数を肥大化させて失敗している。
システム開発にとって、工数の肥大化はリカバリー不可能な致命傷になるが、経験が浅いリーダー、自らは技術調査しないリーダーは、必ず工数を肥大化させてプロジェクトを失敗に導く。
内情は「リーダーが無能」だが、外からは「中抜き」だと見られる。日本のITゼネコンの失敗パターンはどこもこれだ。

WPF開発は、MMCSVM開発モデルを採用すれば、そんな状況から解放される。
「MVVMからの解放」「工数肥大化からの解放」「開発失敗からの解放」、これだけでMMCSVM開発モデルを採用する理由は十分だろう。

MMCSVM開発モデルで実装したソースコードをGitHubに公開したので、WPF開発者はこのソースコードの構造を習得した上で、WPF開発の開発方式検討に取り組んでほしい。
最新のフレームワーク(Visual Studio 2019 + .Net 5 + WPF + C#)で実装した。
WPF/MMCSVM_DevelopmentModel at master · Garfie2021/WPF (github.com)

WPF開発 記事一覧

WPF

コメント

スポンサーリンク
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
スポンサーリンク
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
タイトルとURLをコピーしました