スポンサーリンク

PostgreSQLでレコードの存在チェックをするなら CountよりAnyの方が高速

PostgreSQL

PostgreSQLのパフォーマンス改善をしていて、レコードの存在チェックをするSQLの検証をした結果、Count()、Count()+limit1、Any() の3パターンで最も高速でDB負荷が低かったのは Any()だった。

下記は、SQL実行時間の比較結果。

検証した際のSQLはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました