スポンサーリンク

Oracle 12.1 インストール手順 開発手順

Oracle 12c

2021年にもなって、10年前のデータベース(Oracle 12.1)で、新しいシステムを立ち上げることになった。2021年版 Oracle 12.1 インストール手順を残す。

Windows OS 64bit の開発用サーバに、Oracle 12.1 をインストールする手順になっています。

インストーラをダウンロード

Search Software (oracle.com)

WEBからダウンロードしたツールで、Oracle 12.1のインストーラ本体をダウンロード。

インストーラを展開

下記フォルダをローカルにコピー。
OracleDatabase12c_standard_2_12.1.0.2.0\OracleDatabaseStandardEdition

OracleDatabaseStandardEditionフォルダ配下のzipファイルを解凍。

V77408-01_2of2\database フォルダを切り取って、V77408-01_1of2\database フォルダに上書きする。

Oracleインストール

ソフトウェアをインストール

OracleDatabase12c_standard_2_12.1.0.2.0\OracleDatabaseStandardEdition\V77408-01_1of2\database\setup.exe

リスナー追加

データベース作成

SQL Developer ダウンロード

Oracleデータベースの開発ツールは、Oracle公式の SQL Developer が使い易いので、SQL Developer をダウンロードしておく。

Oracle SQL Developerのダウンロード | Oracle 日本

Oracle に接続

Oracle ユーザ追加

SQLDeveloperに、作成したユーザの接続設定を追加し、追加したユーザで接続できることを確認する。

Oracle OTN版(12.1.0.2.0)のバグ

今回ダウンロードしている Oracle OTN版(12.1.0.2.0)にはバグがあり、ユーザー名に小文字が含まれていると、「ステータス 失敗 ORA-01017 ユーザー名/パスワードが無効です。ログインは拒否されました」エラーでログインに必ず失敗するので注意が必要。

Oracle OTN版 は本番環境で使わない

日本人はOracleの資格を持っている人でもOracleに疎く、本番環境のOracleをOTN版(12.1.0.2.0)で構築しているのをよく見かける。本来はOTN版(12.1.0.2.0)をインストールした後、MY ORACLE SUPPORT からダウンロードしたパッチを適用してから、本番機の運用を開始しなければならない。

ユーザシステム用の表領域を追加

表領域を追加するSQLを、SQLDeveloperから実行。

ユーザシステム用のテーブルを追加

テーブルの追加は、SQLDeveloperから作成するのが楽。

SQL実装

OracleのSQLは SQL Developer の クエリー・ビルダーで楽に書く

コメント

タイトルとURLをコピーしました