スポンサーリンク
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
スポンサーリンク
au PAY マーケット

Oracle 10g Enterprise Manager 再構築手順

Oracle 10G













http://localhost:1158/em へ接続した際に、エラーが発生してログイン 
画面さえ表示されなくなった場合、この手順を実施することで、    
Oracle
Enterprise Manager を再度、使えるようになる。
      
                       
                       
1、現在の
Enterprise Manager リポジトリを削除。
      
                       
DB側のAPIが使われるように、カレントディレクトリを移動。    
                       
 > D:                    
 > cd D:\oracle\product\10.2.0\db_1\BIN         
                       
                       
リポジトリ削除。                 
                       
 > emca -deconfig dbcontrol db -repos drop        
                       
 データベースのSID: (SID)              
 リスナーのポート番号: 1521             
 SYSユーザーのパスワード: change_on_install        
 SYSMANユーザーのパスワード: change_on_install      
                       
 続行しますか。 [はい(Y)/いいえ(N)]: Y          
                       
                       
2、新しい
Enterprise Manager リポジトリを作成。
      
                       
DB側のAPIが使われるように、カレントディレクトリを移動。    
                       
 > D:                    
 > cd D:\oracle\product\10.2.0\db_1\BIN         
                       
                       
リポジトリ作成。                 
                       
 > emca -config dbcontrol db -repos create        
                       
 データベースのSID: (SID)              
 リスナーのポート番号: 1521             
 SYSユーザーのパスワード: change_on_install        
 DBSNMPユーザーのパスワード: change_on_install      
 SYSMANユーザーのパスワード: change_on_install      
 通知用の電子メール・アドレス (オプション): a@b.com      
 通知用の送信メール(SMTP)サーバー (オプション): a@b.com   
 ※メール・アドレスとSMTPサーバーをブランクにしてEnterを押すと、 
  リポジトリの作成に失敗する。            
                       
 続行しますか。 [はい(Y)/いいえ(N)]: Y          
                       
                       
Enterprise Manager リポジトリを起動。          
                       
 > emctl start dbconsole              





コメント

スポンサーリンク
ウェブポ(年賀状総合サービス)
スポンサーリンク
ソースネクスト
タイトルとURLをコピーしました