スポンサーリンク
スポンサーリンク
au PAY マーケット

https -> Nginx+SSL -> リバースプロキシ -> http -> ASP.NET Core を構築する手順

.NET Core

外部からの接続はhttpsで処理し、NginxからASP.NET Coreへの内部接続はhttpで処理する。
Nginx -> リバースプロキシ -> ASP.NET Core の環境では、NginxだけSSLに対応すれば良く、ASP.NET Coreプロジェクトをhttps構成にする必要は無い。
リバースプロキシサーバーはパフォーマンスの面から、ApacheではなくNginxを使うのが望ましい。

【環境】

  OS: CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)
  Nginx: nginx.x86_64 1:1.17.2-1.el7.ngx
  ASP.NET Core: 2.2.6
  マシンIP: 192.168.11.31

【手順】

1. workディレクトリ作成

1-1. Webアプリデプロイ先のフォルダ作成。

# mkdir /var/aspnet
# mkdir /var/aspnet/WebApplication3

1-2. ssl key 配置用。

# mkdir /usr/local/nginx/
# mkdir /usr/local/nginx/conf/
# mkdir /usr/local/nginx/conf/ssl

2. ユーザ追加

nginxの実行ユーザ変更用にユーザを追加。
nologinを指定して、コンソールからnginxuserユーザでログインはさせない。

# useradd -s /sbin/nologin nginxuser
# passwd nginxuser

3. ファイアウォール無効化

一旦、無効にしておく。

3-1. firewalld自動起動停止

# systemctl disable firewalld

4. SELinux無効化

一旦、無効にしておく。

# vi /etc/selinux/config

  SELINUX=disabled

5. OS再起動

# sync;sync;shutdown -r now

6. SSL証明書 作成

テスト用のSSL証明書をopensslで作成する。

# cd /usr/local/nginx/conf/ssl/

# openssl genrsa 2048 > server.key

# openssl req -new -key server.key > server.csr
  Country Name (2 letter code) [XX]: [enter]
  State or Province Name (full name) []: [enter]
  Locality Name (eg, city) [Default City]: [enter]
  Organization Name (eg, company) [Default Company Ltd]: [enter]
  Organizational Unit Name (eg, section) []: [enter]
  Common Name (eg, your name or your server’s hostname) []: localhost
  Email Address []: [enter]
  A challenge password []: [password]
  An optional company name []: [enter]

# openssl x509 -days 36500 -req -signkey server.key < server.csr > server.crt

# openssl pkcs12 -export -inkey server.key -in server.crt -out server.pfx
  Enter Export Password: [password]
  Verifying – Enter Export Password: [password]

7. ASP.NET Coreインストール

7-1. Add the dotnet product feed

# sudo rpm -Uvh https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/packages-microsoft-prod.rpm

7-2. Install the .NET Runtime

# sudo yum update
# sudo yum install aspnetcore-runtime-2.2

8. デプロイ(httpサイト)

Visual Studio で「ASP.NET Core Web アプリケーション」の新しいプロジェクト作成。
その際、「HTTPS用の構成」はチェックを外す。

1.png

プロジェクトの発行方法は「ファイルシステム」にして発行する。

2.png

9. WinSCPを使い、発行したファイルをWebアプリ配下にドッグ&ドロップして展開。

D:\work\Deploy\WebApplication3 > /var/aspnet/WebApplication3

10. ASP.NET Core Webアプリ起動。

# /usr/bin/dotnet /var/aspnet/WebApplication3/WebApplication3.dll –server.urls=”http://localhost:5100

11. Nginx インストール

11-1. Nginxのリポジトリ情報を登録する

# vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

  [nginx]
  name=nginx repo
  baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
  gpgcheck=0
  enabled=1

11-2. yumでインストール

# yum -y install nginx

11-3. 起動設定

Nginx のインストールが完了したら、コンピュータ起動時に自動的に Nginx が起動するように設定。

# systemctl enable nginx

11-4. 起動

# systemctl start nginx

11-5. nginx.conf 設定

# vi /etc/nginx/nginx.conf

user nginxuser;      <=変更

http {
  server_tokens off;      <= 追加
  include /etc/nginx/mime.types;
  default_type application/octet-stream;

  keepalive_timeout 3;     <=変更
  gzip on;       <= 有効化
  server_names_hash_bucket_size 128;       <= 追加

  include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
  include /etc/nginx/sites-enabled/*.conf;
}

11-6. バーチャルホスト設定

# vi /etc/nginx/conf.d/default.conf

server {
  listen 443 ssl;
  listen [::]:443 ssl;
  server_name 192.168.11.31 *.192.168.11.31;

  ssl on;
  ssl_certificate /usr/local/nginx/conf/ssl/server.crt;
  ssl_certificate_key /usr/local/nginx/conf/ssl/server.key;

  location / {
    proxy_pass http://localhost:5100;
    proxy_http_version 1.1;
    proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
    proxy_set_header Connection keep-alive;
    proxy_set_header Host $host;
    proxy_cache_bypass $http_upgrade;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
  }

  location /css/ {
    alias /var/aspnet/WebApplication3/wwwroot/css/;
  }

  location /js/ {
    alias /var/aspnet/WebApplication3/wwwroot/js/;
  }

  location /lib/bootstrap/dist/css/ {
    alias /var/aspnet/WebApplication3/wwwroot/lib/bootstrap/dist/css/;
  }

  error_page 500 502 503 504 /50x.html;
  location = /50x.html {
    root /usr/share/nginx/html;
  }
}
server {
  listen 80 default_server;
  return 444;
}

11-7. 構文に問題が無いか確認。

# nginx -t

11-8. nginx設定ファイル再読込み

# sudo nginx -s reload

12. 接続確認

12-1. 内部接続確認

別コンソールからWebページを表示。Htmlを標準出力に出力。
※UseUrls()をプログラムで設定していないので、ASP.NET Core Webアプリに外部から直接接続はできない。

# curl http://localhost:5100

12-2. 外部接続確認

https://192.168.11.31/

3.png

4.png

コメント

スポンサーリンク
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
スポンサーリンク
ベルメゾンネット
タイトルとURLをコピーしました