スポンサーリンク
電報サービス VERY CARD
スポンサーリンク
au PAY マーケット

DB接続 SELECT (VS2005/VS2008)

VB.NET

‘コネクションストリングを用意
Dim UserID As String = "Admin"
Dim Password As String = ""
Dim cnctStr As String
Dim MDBFile As String = "C:\test.mdb"
cnctStr = "Provider=""Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"";"
cnctStr &= "Data Source=""" & MDBFile & """;"
cnctStr &= "User ID=" & UserID & ";"
cnctStr &= "Jet OLEDB:Database Password=" & Password

‘データベースとの接続関係を設定
Dim db As New System.Data.OleDb.OleDbConnection
db.ConnectionString = cnctStr

‘SELECTコマンドを作成
Dim cmnd As New System.Data.OleDb.OleDbCommand
cmnd.Connection = db
cmnd.CommandText = "SELECT * FROM PurchaseHistory"

‘データベースをオープン
db.Open()

‘データリーダを用意
Dim dbrd As OleDbDataReader
dbrd = cmnd.ExecuteReader

‘列総数を取得
Dim cn As Integer
cn = dbrd.FieldCount

‘レコードがあるかチェック
If dbrd.HasRows = True Then

    ‘データリーダを次の行に位置付ける。
    ‘この場合、列タイトル行からレコード行へ
    dbrd.Read()

    cmbbx.BeginUpdate()

    ‘ 取得できたレコード数分ループし、コンボボックスにセット。
    Dim e As IEnumerator = dbrd.GetEnumerator()
    Do
        cmbbx.Items.Add(dbrd(0).ToString)
    Loop While e.MoveNext

    cmbbx.EndUpdate()

End If

dbrd.Close()

‘データベースをクローズ
db.Close()

コメント

スポンサーリンク
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
スポンサーリンク
チケットぴあ
タイトルとURLをコピーしました