スポンサーリンク
ソニーストア
スポンサーリンク
Dynabook Direct

CP対象性の破れ

法則

通常、粒子と反粒子が出会うと、対消滅を起しエネルギーへ変換され消滅してしまうが、1億分の1くらいの確率で、粒子が残る現象を、「CP対象性の破れ」という。

原子 > 原子核 > 陽子・中性子 > クオーク(粒子と反粒子)

この現象によって、宇宙には物質が存在している。

コメント

スポンサーリンク
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました