開発方式

.NET Core

WPF開発プロジェクトが失敗する元凶となっているMVVM

WPF開発が失敗する元凶となっているMVVM開発モデルを、採用しようとする開発者の言い分は3つに分かれる。① MVVMで実装しないと画面間の連携ができない。② MVVMで実装しないと単体テストでソースコードのカバレッジ100%を達成できな...
2021.09.03
.NET Core

WPF開発で失敗しないのはMMCSVM開発モデルのみ

WPF開発方式で最も開発スピードが良いのはMMCSVM(モデル+マークアップ+コードビハインド+シングルトンビューモデル)開発モデル。 MVVM開発モデル に比べて5分の1の工数で実装が終わる。 WPF開発に失敗してい...
2021.09.03
WPF

WPF開発プロジェクトが失敗する原因はロボトミーにある

日本のITゼネコンがWindows Presentation Foundation (WPF)開発を請けると、必ず工数を肥大化させる。工数の肥大化は費用の増加だけではなく、プロジェクト全体のスケジュールを遅らせ、依頼元企業の競争力まで低下...
2021.08.30
.NET Core

社内業務系WEBシステムを新規開発するなら Blazor Server 一択

Blazor Server が登場してから2年ほど経ち、今年、社内業務WEBシステムを新規開発するにあたり、少人数短期開発が前提だった為、Blazor Serverを採用したが、正解だった。 社内業務システムをWEBベースで...
開発方式

本番環境へリリースする際の基本手順

1、本番リリース前々日から前日にかけて、リリースのリハーサルを繰り返す。  ・本番DBサーバーから最新DBダンプを取得し、ステージング(総合試験環境)へ展開。 ・本番リリース担当者が、ステージング環境へのリリースと動作確認を繰り返し、習熟度...
開発方式

究極の開発ステップ

品質を落とさずに、究極の開発速度を実現する、開発ステップ。 1、要件を一覧化し、どの要件をどのフェーズで実装するか、明確にする。 2、各要件の仕様詰めは、サンプル画面と各アクションのみ記述した画面仕様書と、画面遷移のみのスケルトンアプリによ...
開発方式

ソフトウェア開発プロジェクトが火を噴く原因と対処のパターン

ソフトウェア開発プロジェクが火を噴くパターンは、自分の経験から判断する限り、3つに分ける事ができる。 1、リリースまでに要件を満たせていない。 2、技術課題をクリアできていない。 3、品質に問題がある。 自分が考える原因と、解決方法を以下に...
開発方式

超短期開発を実現する為の基本ステップ

1、要件定義書には、サンプル画面と各アクションのみ記述し、画面遷移のみのスケルトンアプリのデモと、口頭による説明で、仕様を詰める。 2、設計は、テーブル設計書など、データのIN/OUTの要になるドキュメントのみ作成する。 3、コーディングを...
タイトルとURLをコピーしました