スポンサーリンク

Blazor Server でSlackへ通知する

.NET CoreBlazor Server 5.0C#SlackVisual Studio 2019

SlackのWebhook機能を使い、Blazor Serverに Slackワークスペースのチャネルへ投稿する処理を実装した。
※インターネット接続可能なアプリなら何でも、WebhookからSlack通知することが出来る。
ソースコードはGitHubで公開しています。

Slack Webhook のURL取得から、そのURLを使った実装、通知までの流れ。

Webhookについて

・SlackのWebhook詳細については Incoming Webhook の設定 を参照下さい。

ソースコード構成

ソースコード変更内容を解説

Util/Slack.cs

・Slack投稿用の処理を纏めた共通部品を追加。
・jsonデータを Http Post でSlackへ送り、Slackの該当チャネルへ投稿している。

Pages/Counter.razor

・currentCount変数の値をSlackへ投稿する処理を追加。

_Imports.razor

・共通部品の参照を追加。

Visual Studio プロジェクト

今回使った Visual Studio プロジェクト テンプレートは、Blazor Server 5.0 の認証無し、HTTPS無しです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました