スポンサーリンク

Blazor Server で環境設定ファイルの値を画面に表示する

.NET CoreASP.NET CoreBlazor Server 5.0C#Visual Studio 2019

appsettings.json 環境設定ファイル内のユーザー設定値を、WEBアプリ起動時に読込み、アプリのタイトルとして表示する処理を実装しました。
ソースコードはGitHubで公開しています。

appsettings.json の文字コードを UTF-8に変更

appsettings.json 環境設定ファイルのデフォルト文字コードは シフトJIS で、UTF-8に変更しないと、appsettings.json に日本語が含まれる場合、appsettings.json 環境設定ファイル読込時に文字化けする。

デフォルトの文字コード

文字コードをUTF-8に変更する

appsettings.jsonを開き、「メニュー > 名前を付けて appsettings.json を保存」を選択。

「エンコード付で保存」するを選択。

エンコードは「Unicode (UTF-8 シグネチャ付き) – コードページ 65001」を選択し、上書き保存する。

ソースコード構成

ソースコード変更内容を解説

appsettings.json

・App:Title パスのユーザ設定を追加。

WebApplication1.csproj

・appsettings.json にユーザ設定を追加すると、自動でcsprojに設定が追加される。

Common/SharedData.cs

・読み込んだデータをWebアプリ全体から参照できるようにstatic変数を追加。

_Imports.razor

・共通部品の参照を追加。

Startup.cs

・appsettings.json のユーザ設定を、static変数に読み込む処理を追加。

Shared/NavMenu.razor

・appsettings.json から読み込みstatic変数に保持した値を、タイトルに表示するように修正。

Visual Studio プロジェクト

今回使った Visual Studio プロジェクト テンプレートは、Blazor Server 5.0 の認証無し、HTTPS無しです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました