スポンサーリンク

データの上昇角度を求めるSQL

SQL Server 2005

ビッグデータシステムなど、大量のデータを解析する場合、JAVAやC#では計算元のデータを読込むだけで膨大な時間がかかってしまうので、最近では数十テラのデータであってもDBにインポートしてから、SQLで分析するのが主流になっています。
以下は、新しいデータが1つ前のデータに対して、どれだけ値が上昇したのか、その角度を求めるSQLServerのT-SQLです。データが増える度にリアルタイムでこのSQLを実行すると、角度から、データの急激な動きを視覚的に把握できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました