スポンサーリンク

ウェブ時代をゆく

お勧めの一冊

ウェブ時代をゆくを読み終わりました。
教養の高い大人の真摯な言葉、ポジティブな発想で書かれた本なので、読んでいてとても気持良い本です。

WEBの最前線で何が起こっているのか、特にオープンソースの世界をどんな人達が牽引して行っているのか、なかなか知ることのできない話や、当事者達の言葉だけでも一読の価値があります。

梅田望夫(うめだ・もちお)氏の言葉で語られた

新しいことが次々と起こる「時代の大きな変わり目」を、私たちは生きている。いくら努力しても、未来を見通して安心することは出来ない。未知を楽しむ心が生まれない限り、「時代の大きな変わり目」を幸福に生きることはできないのである。

という言葉は、今の時代を不安に生きている人達への、ひとつの答えになるのではないでしょうか。

あと、終始一貫しているのは「WEBは個をエンパワーする」という事だと思います、WEBによって個の可能性を最大化している人達が、これからの時代の主役なんだと、自分も強く感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました