分析型戦略論

分析型戦略論

分析型戦略論の限界

分析型戦略論は、主に1980年前後まで展開されてきた。 それらは、分析的アプローチによって経営戦略の合理的モデルを析出しようとしたものであり、分析型戦略論と呼ばれている。 分析型戦略論は長い間、経営戦略論の中心にあり、さまざまな戦略モデルと...
分析型戦略論

組織の環境適応サイクル

  企業者的問題  その企業の製品・サービスや標的となる市場、あるいは市場セグメントを選択、識別することによって、その企業の行動規範を明確にする問題。これは、企業全体に関わる問題であり、他の問題領域とのバランスが求められ、主にトップの責...
分析型戦略論

組織環境適用パターンの類型

  防御型  事業を比較的狭い製品市場に限定して、そこにおいて効率を高め、価格競争力を高めようとする。 探索型  自ら積極的に変化を生み出し、常に技術革新に積極的で、すばやく新製品を導入するが、その製品・市場が安定してくると他の新しい製...
分析型戦略論

競争市場戦略の類型

コトラー(Kotler,p.)は、市場実態に即した4つの競争ポジションを設定し、その各ポジションに応じた競争戦略を類型化した。   リーダー  最大のマーケットシェアを有し、利潤率の低下を防ぐために廉売はせず(非価格対応)、下位企業の差別...
分析型戦略論

戦略事業計画グリッド

PPMマトリクスは単純で判断基準があいまいになる部分もあるとされ、GE社とマッキンゼー社によって開発されたモデル。 産業魅力度と事業強度の2次元で構成されるが、各次元は、異なるウェートをもついくつかの変数からなる、複合尺度になっている。 ...
分析型戦略論

PPMマトリクス

  1、花形製品  資金の流出は多いが、市場成長率が高いので成長のための積極的な先行投資が必要となり、当面の資金創出源にはならない。使命は、相対的なマーケットシェアを維持・拡大すること。 2、金のなる木  シェアを維持する...
タイトルとURLをコピーしました